抵当権抹消登記とは、どのような登記のことでしょうか?

抵当権抹消登記とは、どのような登記のことでしょうか?

抵当権抹消登記とは、どのような登記のことでしょうか?

ローンして家を購入した場合、「抵当権抹消登記」というものがあるようなのですがこれは一体どのようなものか知りたいです。

 

いろんな不動産売買サイトを読んでいると抵当権抹消登記という言葉がでてくるのですがローンで家やマンションを買った場合というのはわかるのですが詳細がわかりません。

 

どのような登記のことをいいますか?

 

不動産をローンを組んで購入された方は「抵当権」と言う言葉を聞いたことがあるんではないでしょうか。

 

住宅購入のために金融機関から住宅ローンを組んで借りた時、金融機関はその住宅を担保として確保します。
これが「抵当権」の設定です。

 

「抵当権」を持っていると住宅ローンが払えなくなった場合にはその不動産を取り上げ、処分できる権利なんです。法務局で「抵当権設定登記」をしておくことで銀行側は絶対的な効力を持ちます。

 

しかし、住宅ローンが支払い終えた場合は、住宅は真に自分のものになったわけですから「抵当権」を外さないといけません。その作業のことを「抵当権抹消登記」と言います。