不動産売買でのトラブル回避方法について

不動産売買でのトラブル回避方法について

不動産売買でのトラブル回避方法について

今住んでいる一戸建て住宅の家買い替えで引越しを計画していますが、不動産売買でのトラブルもあるとききます。

 

できるだけ問題が起きないようにスムーズに売買したいと思っていますが、起こりうるトラブルはどのようなものがあるのでしょうか?
またそのような問題に巻き込まれないようにするには何に注意すればいいですか?

 

やはり不動産は高額な買い物ですからトラブルもありますね。色々ありますが例えば、申込金が返還されない、購入した土地が都市計画道路の予定地であった、耐震問題、契約後の解約など色々あります。

 

申込金に関してですが、購入申し込みを行った際、物件の購入の意思を示すために申込金を支払う事が多いのですが、その申込金が返還されないなどがあります。

 

法律で申込金は自己都合によるキャンセルでも返還されるように認められているのですが、そのような知識を知らないために起こってしまうトラブルです。都市計画道路の予定地であったため住宅が建てれないなどは契約前に重要事項説明書の説明を受けていれば未然に防げるものです。

 

しかし重要事項説明書の存在自体知らないために起こってしまったのかもしれません。重要事項説明書は都市計画法、建築基準法など制限の概要、宅地造成、建物建築の形状、構造など、耐震診断の内容、取引条件などとても重要なことが書かれているものなのでしっかりと説明を受けて理解して購入するかと決めてください。

 

トラブルに巻き込まれない為にも事前に不動産に関してリサーチされることをおすすめします。リサーチですが、簡単に情報を得ることができる不動産業者のサイトを利用してみて下さい。そこには不動産売買に関する情報、Q&Aなどためになる情報がたくさん乗せてあります。

 

申込金や重要事項説明書のことなども書かれています。それらを読んで不動産売買に望まれるとトラブルに巻き込まれにくいと思いますよ。あとは疑問に思ったことは不動産業者にすぐに聞くようにしましょう。