不動産売買で必要になる書類はどんなものがあるの?

不動産売買で必要になる書類はどんなものがあるの?

不動産売買で必要になる書類はどんなものがあるの?

マンション売却したいと思っていますが、私のような不動産売買を行う場合、書類などはどんなものが必要なのでしょうか?

 

もし必要書類などがある場合、それらの書類は不動産が用意してくれるものでしょうか?
または、自分で用意すべきものなのでしょうか?

 

不動産売買で必要になってくる書類は色々ありますが、買うときと売るときとで必要な書類が違い、買うときより売るときの方が用意する書類が多いので注意しましょう。

 

ほとんどの書類は売主が用意するようになっています。
いつどの書類が必要なのかは不動産会社が教えてくれますのでご安心ください。

 

 

最初に必要な書類
不動業者がこれらをもとに広告などを作ってくれるのでできるだけ用意しましょう。アピールポイントなども載せやすいので資料が多ければ多いほど良いです。

 

売買契約書(購入時のもの)

 

登記簿謄本

 

重要事項説明書

 

家の図面や仕様書

 

マンションの管理規約、使用細則などに関する書類
マンションを売る時に必要な書類で、そのマンションの維持管理・維持費やマンションのルールなどはとても重要です。パンフレットはマンションのアピールポイントなども載っているのであると良い書類です。

 

耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書等
この書類がないと売却できないというものではありませんが、新耐震基準が定められる前に建てられた物件の場合提出を求められる場合もありますので用意しておくと良いと思います。

 

その他の書類
地盤調査報告書、住宅性能評価書など売却の対象となる物件に関する書類があれば用意しておきましょう。

 

 

 

 

契約時に用意する書類

 

登記済権利書
これは略して権利証と呼ばれるものです。法務局から登記名義人に公布される書類で、登記名義人がその不動産の真の所有者であることを証明するとても重要な書類です。
戸建住宅は土地と建物の計「2通」で、マンションの場合は「1通」・「2通」のどちらもあり得るので「書類の通数」に気を付けてください。

 

固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
こちらは固定資産税の納税額を確認するのはもちろん、移転登記などに必要になる登録免許税の計算において必要となってきます。

 

身分証明書
本人を確認するために必要な書類で、免許証やパスポートなど用意しましょう。

 

実印
不動産を売却する名義人の実印が必要です。

 

印鑑証明
印鑑証明書とは、その印鑑が「本人が登録した印鑑である」ということを証明した書類のことを指します。登記申請日において3カ月以内のもの。

 

住民票
住民票は登記上の住所と現住所が違う時のみ必要になります。

 

抵当権抹消書類
住宅ローンを返済しないと売却でいない大切な書類です。

 

土地測量図・境界確認書
一戸建てや土地の売買に必要な書類になります。

 

建築確認済み証及び検査済み証・建築設計図書・工事記録簿等
一戸建ての売買などで必要な書類で、建築基準法など法令に順守して建築された事を証明するもので、売主・買主にとってとても重要で必要な書類です。