不動産売買では税金がかかりますか?

不動産売買では税金がかかりますか?

不動産売買では税金がかかりますか?

駅前のマンションに住んでいて便利なのですが、転勤のため売ることになりそうです。

 

そこで不動産売買について知りたいのですが、マンションを売ったとき税金はかかりますか?

 

逆に、マンションを売って新しい物件を購入した場合にも税金はかかりますか?

 

家の売買の場合、額が大きいので支払額に対する税金がきになります。

 

中々不動産の売買を経験することはないですから知らないことも多いですよね。不動産を売却されたときと、購入されたとき両方に税金はかかります。

 

売却されたときにかかる税金は所得税、住民税がかかります。
不動産売却で得た収入は譲渡所得と言い、給与とは別に計算されます。
譲渡所得税は所有期間が5年を超える場合の長期譲渡所得と5年以下の短期譲渡所得で税率が異なります。

 

課税譲渡所得金額=売却額-(取得費+譲渡費用)-特別控除(3,000万円)
※特別控除・・・自己居住用財産を売却した場合

 

 長期譲渡所得の税金の計算
 税額=課税長期譲渡所得金額×税率20%(所得税15%、住民税5%)
 短期譲渡所得の税金の計算
 税額=課税短期譲渡所得金額×税率39%(所得税30%、住民税9%)

 

不動産を購入されたときは、印紙税、消費税、登録免許税、不動産取得税などの税金がかかります。

 

 

印紙税
不動産の売買契約書や住宅ローンの契約書などを交わすときに契約書にかかる税金で、収入印紙を契約書に貼り付け印鑑を押して納税します。1,000万円~1億円までにかかる収入印紙代。

 

1,000万円超~5,000万円以下・・・1万円
5,000万円超~1億円以下・・・・・・・3万円

 

消費税
不動産会社から住宅を購入した場合にはその代金に対して消費税がかかります。土地は非課税ですが、建物は課税対象となります。

 

消費税額=建物の代金等×税率8%

 

登録免許税
土地建物等を登記する際にかかる税金です。固定資産税評価額にそれぞれの登記税率を乗じて税額を求めます。

 

所有権保存登記・・・0.15%(主に新築の場合)
所有権移転登記・・・0.3%
抵当権設定登記・・・0.1%
土地の所有権移転登記・・・1.5%

 

不動産取得税
不動産を取得したときに支払う税金です。固定資産税評価額に対して3.0%を乗じた金額が税額になります。課税標準の特例もあります。