マンションから一戸建てへの買い換えを辞めた場合について

マンションから一戸建てへの買い換えを辞めた場合について

マンションから一戸建てへの買い換えを辞めた場合について

マンションを売って商売ができるような一戸建てを購入する場合の買い替えで不動産業者にマンション売却と一戸建て購入を依頼した場合ですが、手付金10万円ぐらいを支払う事があると思います。

 

例えばそのような場合で、正式契約前に一戸建て購入を辞めた場合、支払った手付金は返ってくるのでしょうか?

 

まず手付金について説明しますね。手付金は売買契約を締結するのと同時に支払うものなんです。そして手付金の相場ですが5%~10%というのが一般的です。

 

手付金は「証約手付」・「解約手付」・「違約手付」の3つがあり、一般的に不動産売買では「解約手付」として扱われています。この「解約手付」はあなたが契約を取りやめた場合は戻ってきません。手付金を放棄することで契約を解除することができるものなんです。

 

また売主が契約を取りやめた場合は、受け取った手付金の倍の金額をあなたに支払うことで契約を解除することができます。このようなことからご質問の手付金は「申し込み証拠金」のように思われます。

 

「申し込み証拠金」は不動産の購入を申し込むときに、優先的に購入できる権利を確保するために支払うものです。当然売買契約は交わしていませんから購入の意思を撤回でき、「申し込み証拠金」は返還されます。「申し込み証拠金」は一般的に10万円ぐらいです。

 

「申し込み証拠金」のトラブルが実際あるようですので、「申し込み証拠金」の預かり証には契約不成立の場合は返還してもらう旨を書いてもらうようにしておきましょう。そうすれば確実に「申し込み証拠金」は戻ってきます。