物件調査というのは、どのような調査をするの?

物件調査というのは、どのような調査をするの?

物件調査というのは、どのような調査をするの?

15年以上住んでいる一戸建て住宅なのですが不動産業者に査定してもらおうかと思っています。

友人から家を売るとき査定する際に、家の物件調査をすると聞きました。

 

その場合、どのような調査方法があるのでしょうか?
調査によって査定金額が決まるのでしょうか?

 

ご友人にお聞きになられたように不動産を査定・調査をおこない、その結果から査定金額を設定します。まずは現地に行き、建物の現状を確認します。

 

主なチェック項目は次の通りです。

 

外観の印象・劣化具合
部屋の間取り・状況
基礎や建てつけ・雨漏りなど
構造の確認
日当たりなどの確認
近隣の状況(騒音や景観など)
駐車場の有無
境界線の確認

 

そして法務局で登記簿謄本を元に所有者・地目・地積・抵当権などの確認をおこないます。

 

役所では用途地域の確認、建築、法令上の制限・電気・水道・ガス・下水道などのライフラインなどを確認します。そして市場調査・実際に成約した価格を参考にして査定価格を設定します。

 

このように色々な調査をおこない売主であるあなたと不動産会社が相談し、売り出し価格を設定します。