京都府・マンションの売却でかかる費用

京都府・マンションの売却でかかる費用

京都府・マンションの売却でかかる費用

10年前に1LDKの分譲マンションを購入して住んでいます。場所は京都なのですが今回結婚して遠方に住居を移すために、今住んでいるマンションを売りたいのです。ローン残高も少ないので売ったら若干余裕資金ができると思うのですが、売却でかかる費用などって普通はどれくらいなのでしょうか?

 

余裕資金ができるとは思っていますが、売った後に残らなければ賃貸にしたほうが良いのかなーとも思っています。一般的にマンションを売った時にかかる費用など気にしたほうが良いことがあれば教えてください。

 

ご結婚されるのですね。おめでとうございます。ローンも順調に支払われているみたいで何よりです。マンションを売却される時の諸費用ですが次のものが発生してきます。

 

〇抵当権の抹消費用・・・住宅ローンを組まれた時にお住まいのマンションに抵当権が設定されているので、売却時にはそれを抹消する必要があります。それが抵当権の抹消です。抵当権の抹消手続きは自分でもできますがとても大変なので司法書士の方にお願いされる方が多いです。報酬費用は2~3万円程です。

 

〇収入印紙代・・・不動産の売買契約書に印紙を貼り、割り印を押すことで納税します。印紙代は売却価格によります。
  500万円超~1,000万円=5,000円
 1,000万円超~5,000万円以下=10,000円
 5,000万円超~1億円以下=30,000円

 

〇所得税・住民税・・・マンションを売却されて利益が出た場合に発生します。計算式は次の通りです。
 譲渡所得=売却代金-(購入代金+購入時にかかった費用+売却にかかった費用)
 所得税=譲渡所得×15%
 住民税=譲渡所得×5%

 

※所有期間が5年以上であれば・・・・所得税は15%、住民税は5%をかけることになります。5年以下であれば所得税は30%、住民税は9%をかけることになります。

 

※譲渡所得がでた場合でも、「3,000万円の特別控除」がありますので、マンションを売却したときの譲渡所得が3,000万円以下なら税金(所得税・住民税)はかかりません。

 

〇仲介手数料・・・マンションを仲介してくれた不動産会社に支払う報酬です。次の簡易計算で求める事ができ、この金額を払うケースが多いいようです。

 

 仲介手数料=物件の価格×3%+6万円+消費税
※この計算で求めた仲介手数料は上限金額になりますので、これ以下になる場合もあります。

 

仲介手数料などは売却価格によって違ってくるので一概にいくらとは言えませんが、査定を出されたら先ほどの計算式でおおよその金額を求めることができます。
現在住まわれているマンションを売却するという事は新しいお住まいに移られるという事ですから、引っ越し代・不用品の処分費用・新居の購入代金(賃貸であれば敷金・礼金)・仲介手数料などもかかってきますのでご注意ください。