宮城県・消費税の増税前と後、どちらに売ったほうが良いですか?

宮城県・消費税の増税前と後、どちらに売ったほうが良いですか?

宮城県・消費税の増税前と後、どちらに売ったほうが良いですか?

最近気になるのが税金です。宮城県に家があるのですがこのような一戸建てを持っていると固定資産税などもけっこう大きな費用になりますよね。あと消費税の増税もとても気になります。

 

その消費税アップに関してですが、不動産を売るときは増税前が良いのか増税後が良いのかわからないので知りたいです。その時に考えておかないと行けないことなどあれば教えてください。

 

結論からいいますと不動産の売却は増税前の方がいいようです。不動産(土地・建物)の取引自体は消費税がかからないんですが、買いのニーズが増税前の方が圧倒的に多い傾向にあります。増税後はその反動で減退するそうなので、売るなら断然、増税前の方が買い手が見つかりやすいと思われます。

 

不動産(土地・建物)の取引自体には消費税がかからないと書きましたが、仲介手数料や登記費用など諸経費には消費税がかかってきますので注意してください。それとリフォームや引っ越し費用等も当然増税の影響を受けアップしますのでその辺りも増税前の駆け込み需要につながるみたいです。

 

売却前にあらかじめ用意しておいた方がいいものですが、物件の契約書、図面、固定資産税の納付書や住宅ローンの残債を確認するための償還予定表も用意しておかれた方がいいです。

 

リフォームや外壁塗装などされた場合はその見積もり・領収書なども探されておいた方がいいですね。
不動産の売却には時間がかかりますから売り時を逃さないためにもあらかじめ用意しておきましょう。