大阪府・300坪の土地を分筆するための売却方法

大阪府・300坪の土地を分筆するための売却方法

大阪府・300坪の土地を分筆するための売却方法

親の代から大阪の泉南市に300坪の土地を持っているのですが、家族との話し合いで売ることにしました。その土地を分筆し、2名同時に売ることを考えています。

 

個人で行うと何かと問題もありますので不動産業者に仲介してもらおうと思っています。

 

わたしのような土地を売る場合、売却でかかる課税は売値の何%が相場でしょうか?確定申告も必要ですか?教えてくださいよろしくお願いします。

 

土地を分筆してお売りになられる場合は分筆にかかる税金で登録免許税が発生します。
登録免許税は分筆の筆数×1000円で、今回の場合2つに分筆とありますので2000円となります。

 

それと所有権登記に関する登録免許税も必要になりますので、売買の場合は固定資産課税台帳の価格の1,000分の20(0.20%)となります。
後は売却によって出た利益(譲渡所得)に対して所得税・住民税が課せられます。

 

税率は不動産を所有していた期間によって異なります。お持ちの土地が5年以上であれば、長期保有になり譲渡所得に対して所得税の税率は15%、住民税が5%となります。

 

もし、5年未満ですと、短期保有になり所得税の税率は30%、住民税は税率9%となります。
分筆・売却を個人で行われるとトラブルが発生しかねますので、不動産業者に仲介を依頼されることをおすすめします。

 

不動産売却で得た譲渡益は立派な所得です。税法上では譲渡所得として区分され、他の所得とは異なる方法で税額を計算し、確定申告を行う必要がありますので必ず申告しましょう。