山梨県・売る家の権利書を紛失したらどうしたらいいの?

山梨県・売る家の権利書を紛失したらどうしたらいいの?

山梨県・売る家の権利書を紛失したらどうしたらいいの?

10年前に買ったペンションが山梨県にあります。テニスをしていてよく山梨で遊びがてら仲間でワイワイとしていました。しかし、今は仲間も忙しくて結局、そのペンションには1年に2度いくか行かないかという状態なので売ろうと思いました。売るためには利書が必要ということで家の中を探したのですが、どうも紛失してしまったようで・・・汗。

いくら探しても見当たりません。権利書を紛失した場合はどうすれば良いのでしょうか?
良い方法があれば教えて下さい。

 

お家の権利書を失くされた方は意外といるみたいです。昔は権利書を失くした場合、保証書を作成することで売却も可能になったみたいですが、今はその制度も廃止されたので保証書を作ることはできません。ではどうするのかというと、次の2通りの方法があります。
権利書がない状態のまま売却の手続きを行う方法(事前通知による申請手続き)と、登記手続きを司法書士に委任するのが前提で売却を行う方法(本人確認による申請手続き)があります。

 

「事前通知による申請手続き」をすると法務局から「本人限定受取郵便」で通知書が届きますので、この通知書に実印を押印して法務局に返送します。すると法務局は間違いなく不動産所有者であるあなたが不動産を処分する意思があることを確認でき、登記手続きを行えるようになります。
「本人確認による申請手続き」は、申請代理人である司法書士があなたが不動産の所有者であることを確認・証明をします。司法書士が自らの職印証明書と共に所有者本人の免許証等確認書類のコピーを添付して登記手続きをすることで、事前通知を省略して登記が実行されます。

 

権利書を失くされた場合の手続きに関しては以上になるんですが、権利書を失くされたとのことですから、念のため法務局で登記簿謄本の写しを発行してもらい確認をしておいた方が売却がスムーズに行われると思います。土地の権利書をなくしてしまっても、所有者であるあなたが所有権を失ってしまうというわけではありませんのでご安心を。
補足になりますが、現在は登記済権利書はなくなり登記識別情報と言う12桁の英数字に変わりました。