不動産売却での路線価とは一体なに?

不動産売却での路線価とは一体なに?

不動産売却での路線価とは一体なに?

長年住んだ一戸建て住宅を売りたいと考えるようになり、いろいろ調べていくと不動産売却での「路線価」という言葉がきになりました。

 

はじめて聞いた言葉なのでひっかかるのですが、これは不動産売却でどのような意味がありますか?

 

どういうときにこの路線価という表現がでてくるのでしょうか?

 

ご質問の「路線価」ですが、簡単に言うと道路の値段のことで、主要道路に面する標準的な宅地1平方メートルあたりの評価額になります。

 

土地の値段を表す指標のひとつで、税務署が毎年7月1日、全国の国税局・税務署で公表しています。この「路線価」ですが、主に相続・贈与の計算で使われています。

 

土地の計算は原則的に時価で行うものですが、路線価を参考にすることで相続・贈与の際に適正な税額を出すことができるようにしています。このような適正価格を設定しておくことで個人間での土地取引で不正が行われてるのを防ぐことができます。

 

適正な不動産の価値を示すものとしての役割を果たしているため、土地取り引きの参考として使われることもあります。